逆流性食道炎や慢性胃炎とは?

逆流性食道炎や慢性胃炎ってどんな病気か解説します。

逆流性食道炎や慢性胃炎を完治させるには、病気の症状をきちんと理解し、正しい治療法を知る必要があります。そこで、まずは逆流性食道炎や慢性胃炎が、どんな病気なのか詳しく説明していきたいと思います。

 

逆流性食道炎

 

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎は、不摂生な生活習慣などが原因となり、食道と胃の間にあり胃酸の食道への逆流を防いでいる下部食道括約筋の機能が低下してしまうと、胃酸が食道へ逆流して食道が炎症を引き起こし、胸やけや呑酸の症状が現れます。

 

慢性胃炎とは?

そして、慢性胃炎は、ピロリ菌などが原因で胃の粘膜が傷付き炎症を引き起こすことで、腹痛・吐き気・お腹の張りなどの症状が現れます。また、このような症状が影響して、見た目にも変化が現れて、周囲からマイナスイメージで見られてしまいます。

 

逆流性食道炎や慢性胃炎の症状

特に、逆流性食道炎や慢性胃炎が影響して現れる見た目の変化が、猫背・しかめっ面・肌荒れ・ゲップと口臭などで、腹痛を発症した際に、前かがみになることで痛みが軽減しますが、いつまでの同じ姿勢でいると骨が曲がり、猫背の状態になることで、周囲からは落ち込んで暗いイメージを持たれてしまいますし、腹痛を我慢していると、どうしてもしかめっ面になってしまい笑うこともなくなるので、いつも怒って不機嫌な人だと勘違いされてしまいます。
また、胸やけがしてイライラしていると、あまり夜寝れずに睡眠不足になってしまいがちになり、次第に肌が荒れてきて、肌ツヤのない顔色が良くない不健康な感じに見えてしまいますし、胃酸が逆流することで現れる胸やけの症状以外にも、ゲップの症状も見られるようになり、胃酸のキツイ臭いによって口臭も臭くなり、周囲はみんなキツイ口臭を嫌って避けるようになるでしょう。

 

逆流性食道炎や慢性胃炎の注意点

これだけではありません。恐ろしいことに、逆流性食道炎や慢性胃炎という病気は、何もせずに放置してしまうと、命に関わる大変な病気に進行する場合があります。その命に関わる大変な病気が、「がん」です。まず、逆流性食道炎から見ていくと、逆流性食道炎は胃酸が食道に逆流して炎症を発症しますが、この状態がいつまでも続くと、食道の細胞組織も損傷と再生を何度も繰り返されバレット食道という状態になり、その結果、「食道がん」を発症しやすくなります。

 

一方、慢性胃炎は、ピロリ菌などが影響して胃が傷ついたり炎症を起こすことで発症する病気ですが、胃に発症した傷や炎症が治る際に、患部が膨れ上がった胃ポリープというものができてしまい、この悪化と再生を繰り返すと「胃がん」へと進行してしまうのです。

 

このように、逆流性食道炎や慢性胃炎には、様々なマイナス要因があるので、取り返しのつかない状態になる前に、できるだけ早い段階で治療しておかなければなりません。

オススメ情報

逆流性食道炎を薬も使用せずに治療するには自己免疫力を高めることが第一です。免疫を高めながら肥満解消も出来る酵素ダイエットに興味のある方は是非ご覧ください。